XMのデモ口座は期限あり?エラーになる4つの理由をチェックせよ!

XMで気軽にトレード検証が行えるのがデモ口座です。

しかし久しぶりにMT4/MT5を開いてみたら、エラーになっていませんでしたか?

もしかしたらそれ、期限切れによるエラーかもしれません。

エラー解除できない間は、デモ口座による検証もできない訳ですから、結果リアルトレードで稼げていたかもしれない利益を逃してしまうかもしれません。

ですので、できるだけ早くデモ口座のエラー解除をした方が良いでしょう。

そこで今回は、以下の内容を具体的にご紹介していきます!

この記事でわかること

  • XMデモ口座の有効期限
  • XMデモ口座でログインできない時のエラー表示
  • エラーになる原因と解決法

    筆者(ぺーやん)はXMを中心に、8年間トレードしている実績があります。

    この記事を読めば、デモ口座MT4/MT5のエラー解除ができるようになります!

    目次

    結論:デモ口座の有効期限は「最終ログインから90日間」

    デモ口座有効期限90日の画像

    デモ口座とは、入金不要でリアル相場と連動してトレードができる架空口座のことです。

    条件もリアル口座と同じ「スワップポイント・スプレッド・為替レート」が適用されます。

    ただしリアル口座と違う点もありますので、使用する前に知っておくことも重要です。

    「デモ口座」と「リアル口座」の違いは、以下の通りです。

    デモ口座 リアル口座
    口座開設~取引までの時間 5分~ 30分~1営業日
    口座有効化 不要 必要
    口座タイプ ・スタンダード口座
    ・ゼロ口座
    ・スタンダード口座
    ・ゼロ口座
    レバレッジ制限 なし あり
    入金 不要 必要
    出金 不可能 可能
    有効期限 最終ログインから90日経過 最後の※取引活動から90日経過
    所有数 最大5口座 最大8口座
    プレッシャー なし あり

    ※「取引活動」とは「入金/出金/取引」のこと

    特にデモ口座は「有効期限」が「最終ログインから90日経過」ですので、放置せずに定期的にログインしておく必要があります。

    デモ口座でログインできない時の表示

    MT4でログイン出来ない時の画像

    XMでデモ口座のMT4/MT5へログインできない場合、画面右下に下記のようなエラー表示が出ます。

    デモ口座のMT4/MT5でログインできない時の表示

    • 不正な口座
    • 回線不通
    • 無効な口座
    • Authorization failed

    このような表示が出た場合は、MT4/MT5でエラーを起こしている可能性が高いです。

      デモ口座でログインできないエラー4つと解決法

      デモ口座でMT4/MT5でログインできない場合、以下の4つがエラー原因として考えられます。

      デモ口座でMT4/MT5でログインできないエラー原因

      • エラー1 MT4/MT5のログイン情報が間違っている
      • エラー2 MT4/MT5の初回ログイン方法が間違っている
      • エラー3 サーバー選択が間違っている
      • エラー4 MT5のログイン情報でMT4にログインしようとしている(逆もアリ)

      MT4/MT5でエラーが出た場合は、エラー原因の特定とそれに合わせた解決法が必要になります。

      エラー1 MT4/MT5のログイン情報が間違っている

      MT4のログイン情報で入力ミスを指摘する画像

      エラー1の原因

      最初に確認したい原因は、MT4/MT5ログイン画面での「ID」「パスワード」の入力ミスです。

      入力に誤りがないか、確認してみましょう。

      毎回「ID」入力するのが煩わしかったり、正確に入力したいと思うのなら、「パスワード管理アプリ」の導入をお勧めします。

      おすすめ「パスワード管理アプリ」

      ①1Password(ワンパスワード)

      ②Bitwarden(ビットウォーデン)

      エラー1の解決法①:1Password(ワンパスワード)

      1Password(ワンパスワード)はその名の通り、1つだけパスワードを覚えておけば、その他大量のパスワードが管理できるパスワード管理アプリです。

      パスワードを考えなくても自動生成してくれる「パスワード自動生成」や、パスワードが不正利用された際に通知してくれる「Watchtower」、サイトを開くとパスワードなどを自動で入力してくれる「自動入力」など、様々な便利機能を搭載しています。

      世界的にも人気があることから、一定の信頼性があります。

      1Password(ワンパスワード) 内容
      日本語対応 対応機種により可能
      機能 ・パスワード自動生成
      ・自動入力
      ・Watchtower(不正利用通知機能)
      など
      生体機能 指紋・顔認証
      パスワード管理方法 自社クラウド
      料金 14日間無料(有料版$3.99〜)
      対応機種 Windows、mac、iOS、Android
      特徴 世界的に人気がある

      エラー1の解決法②:Bitwarden(ビットウォーデン)

      Bitwardenはオープンソース(コード公開することで不正がしづらい)で開発されていますので、非常にセキュリティ性が高いパスワード管理アプリになります。

      パスワードを考えなくても自動生成してくれる「パスワード自動生成」や、パスワードを元に戻したい場合の「パスワード変更履歴」、サイトを開くとパスワードなどを自動で入力してくれる「自動入力」など、様々な便利機能を搭載しています。

      さらに「添付ファイル」も保存しておけますので、サイトと連動させて「マイナンバー」などの証明写真も管理したい方にはお勧めです。

      Bitwarden(ビットウォーデン) 内容
      日本語対応 設定次第で可能
      機能 ・パスワード自動生成
      ・自動入力
      ・パスワード変更履歴
      など
      生体機能 指紋・顔認証
      パスワード管理方法 自社クラウド
      料金 基本無料(有料版$3〜)
      対応機種 Windows、mac、iOS、Android
      特徴 「添付ファイル」で写真管理も可能

      エラー2 MT4/MT5の初回ログイン方法が間違っている

      MT4取引口座のログイン情報入力画面の画像

      エラー2の原因

      MT4/MT5を起動した時に、最初は「取引口座のログイン情報」で、

      • ログインID
      • パスワード
      • サーバー

      を入力しますが、初めてデモ口座にログインする場合は、この方法だとNGです。

      MT4/MT5に合わせて、デモ口座へのログイン方法を改める必要があります。

      エラー2の解決法①:MT4の場合

      MT4のデモ口座へ初めてログインする場合、正しい手順でログインする必要があります。

       

      手順1.MT4起動後、左上メニューの「ファイル」をクリックし、「デモ口座の申請」を選択します。

      MT4のデモ口座の申請を選択している画像

       

      手順2.「取引サーバー」画面の一番下にある「+」をクリックして「xmtrading」を入力し、「スキャン」をクリックします。

      MT4の取引サーバーを選択している画像

       

      手順3.リストから「XMTrading-Demo○○」を選択し、「次へ」をクリックします。

      MT4の取引サーバーを選択している画像2

       

      手順4.「既存アカウント」の〇にチェックを入れ、

      • 「ログイン」
      • 「パスワード」

      を入力し、「完了」をクリックします。

      MT4でログインとパスワードを入力している画像

       

      「ログイン」には、口座開設時に通知された「XMTradingへようこそ」メールに赤字で記載された「お客様のMT4のID」と同じものを入力します。

      「XMTradingへようこそ」のメール内容

      「パスワード」は、XMの「会員ページ」へログインする時に使うものと同じです。

      エラー2の解決法②:MT5の場合

      MT5のデモ口座へ初めてログインする場合、正しい手順でログインする必要があります。

       

      手順1.MT5起動後、左上メニューの「ファイル」をクリックし、「デモ口座の申請」を選択します。

      MT5でデモ口座を開くを選択している画像

       

      手順2.「証券会社の一覧」画面の枠内に「XMTrading」と入力し、「証券会社を探す」をクリックして、「完了」をクリックします。

      MT5で証券会社を選択している画像

       

      手順3.「既存の取引口座と接続する」の〇にチェックを入れ、

      • 「ログイン」
      • 「パスワード」

      の入力と「サーバー」を選択して、「完了」をクリックします。

      MT5でログインとパスワードを入力している画像

       

      「ログイン」と「サーバ」には、口座開設時に通知された「XMTradingへようこそ」メールに赤字で記載された「お客様のMT4のID」と同じものを入力します。

      「XMTradingへようこそ」のメール内容

      「パスワード」は、XMの「会員ページ」へログインする時に使うものと同じです。

      エラー3 サーバー選択が間違っている

      MT4でサーバーにDemoが入っているかを示す画像

      エラー3の原因

      MT4などのプラットフォームを起動した時に表示される「取引口座のログイン情報」で「サーバー」選択を間違えると、デモ口座で取引できません。

      口座開設した時点で「1口座1サーバー」が割当られるので、正しい「サーバー」を選択する必要があります。

      下記の図なら「サーバー:XMTrading-Demo 3」と「Demo」が入っているので正しいと分かります。

      特に「リアル口座」など複数口座を開設している場合は、リアル口座用のサーバーを選択している場合があります。

      一度取引サーバー名を確認してみましょう。

      エラー3の解決法

      「サーバー」は、デモ口座開設段階でXMから通知されたメール「XMTradingへようこそ」で、赤字記載の「XMTrading-Demo〇〇」で確認できます。

      「XMTradingへようこそ」のメール内容

      エラー4 MT5のログイン情報でMT4にログインしようとしている(逆もアリ)

      MT4でMT5の情報を入力していないか確定を促す画像

      エラー4の原因

      単純な原因ですが、MT5のログイン情報(IDやサーバー名)でMT4にはログインできません。

      また当然ですが、逆にMT4のログイン情報でMT5にはログインできません。

      理由は、MT4とMT5のログイン情報に互換性が無いからです。

      エラー4の解決法

      現在入力しているログイン情報(IDやサーバー名)と、プラットフォーム(MT4/MT5)が異なっていないか確認してみましょう。

      もしMT4/MT5それぞれのログイン情報(IDやサーバー名)が分からない場合は、デモ口座開設段階でXMから通知されたメール「XMTradingへようこそ」(下記参照)の赤字で、

      • 「お客様のMT4のID:(数字8ケタ)
      • 「XMTrading-Demo〇〇」

      で確認できます。

      「XMTradingへようこそ」のメール内容

      XMのデモ口座は期限あり?エラーになる4つの理由をチェックせよ!|まとめ

      ここまでの内容をまとめると、以下の通りです。

      XMのデモ口座は期限あり?エラーになる4つの理由をチェックせよ!|まとめ

      • デモ口座の有効期限は「最終ログインから90日間」
      • デモ口座でログインできない時のエラー表示は4つある
      • ログインできない原因も4つ考えられるので解決法を試してみる

      XMのデモ口座はトレード検証などに利用できて便利ですが、リアル口座と違ってログイン方法などが異なりますから、エラーでログインできないこともあります。

      しかし、ここで一度解決法を身に着けておけば、次に同じ事態に遭遇したとしても、スグ解決できるようになっているはずです。

      またいずれデモ口座を卒業して、リアル口座でFXしなければならない時が必ずきます。

      その時は、口座開設の記事を参考にしながら口座開設してみてください!

      あわせて読みたい
      XM口座開設までの時間|最短で取引ができるまでどれくらい?
      XM口座開設までの時間|最短で取引ができるまでどれくらい?XMでFXをする場合、最初の関門になるのが「口座開設」です。しかし最短で取引したいと考えた場合、どれくらい時間がかかるか気になりますよね?「デモ口座ですぐ検証し...
      よかったらシェアしてね!

      この記事を書いた人

      目次
      閉じる