松田聖子の元夫!俳優・神田正輝の資産は?現在の年収についても調査

松田聖子の元夫!俳優・神田正輝の資産は?現在の年収についても調査

石原軍団の一員として映画やドラマなど俳優として活躍している神田正輝。1985年に松田聖子と結婚し、1997年に離婚。当時は、日本中で大きな話題となりました。そんな神田正輝さんですが、2024年1月に欠席していた「朝だ!生です旅サラダ」に復帰しています。「神田正輝の資産が5億円以上あるって本当?」「神田正輝の現在の年収について教えて」「神田正輝のプロフィールや経歴が知りたい」といった方に向けて、この記事では

  • 総資産5億円以上?神田正輝の資産について調査
  • 神田正輝の現在の年収は?
  • 神田正輝のプロフィールや経歴を紹介

について解説していきます。この記事を読むことで、俳優「神田正輝」についてわかります。是非、最後まで読んでみてください。

目次

総資産5億円以上?神田正輝の資産について調査

神田正輝の総資産は5億円以上あると言われていますが、おそらく本当です。実際の値段を公開しているわけではないので、あくまで予想になりますが、調査したところ以下のことがわかりました。

  • 現在は世田谷にある分譲価格約1億円のマンションに住んでいる
  • 過去に世田谷で総額8億円の一戸建てに住んでいた
  • BMWやフォルクスワーゲンなど高級車を8台所有

高級車だけでも1億円相当はあると言われています。1976年から2021年まで石原軍団に所属しており、全盛期はかなりの人気で年収も数億円規模です。これらを踏まえた上で、神田正輝さんの総資産は、5億円以上ではないかと言われています。

神田正輝の現在の年収は?

神田正輝は現在、1997年から2代目総合司会MCとしてテレビ番組「朝だ!生です旅サラダ」にレギュラー出演しています。現在は、ドラマなどの俳優業は年齢のため、ほぼリタイア状態。他のバラエティ番組への出演もありません。

「朝だ!生です旅サラダ」のギャラについて

神田正輝が現在司会MCとして出演している「朝だ!生です旅サラダ」の1回あたりのギャランティは「80万円」と過去に週刊文集の報道で言われています。1回あたり80万円が週1回放送されるため、月収は320万円。年収にすると約3840万円になります。このギャランティの報道は、2021年の頃なので現在はさらに上がっているかもしれません。

2023年11月より番組を欠席

神田正輝は、2023年11月18日から「朝だ!生です旅サラダ」を欠席していました。欠席の理由は「体をメンテナンスするため」と言われています。2024年1月時点で年齢は73歳。年齢の影響もあり、休養が必要になったのでしょう。2024年1月27日、約2か月ぶりに番組復帰し話題になりました。休養期間を考えると、2023年は6回分欠席しているので、年収は3360万円と推測されます。

神田正輝のプロフィールや経歴を紹介

神田正輝のプロフィールや経歴を紹介します。

プロフィール

  • 名前:神田正輝(かんだまさき)
  • 生年月日:1950年12月21日
  • 出身地:東京都港区
  • 身長:178cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:所属無し(フリーランス)

経歴

  • 1950年12月21日:旭輝子の長男として生まれる。
  • 1973年:レストランで石原裕次郎に声をかけられ意気投合。その後ドラマの端役として出演し石原プロモーションに入社。
  • 1980年:日本テレビ系列「太陽にほえろ!」の415話から出演。時代にマッチし番組の後半を支えた。
  • 1985年:映画「カリブ・愛のシンフォニー」にて共演した松田聖子と結婚する。
  • 1986年:長女「沙也加」が生まれる。
  • 1995年:NHK「とおりゃんせ〜深川人情澪通り」で時代劇初主演を務める。
  • 1997年1月:松田聖子と離婚する。
  • 1997年4月:生放送番組「朝だ!生です旅サラダ」の2代目総合司会を務める。
  • 2004年:「とおりゃんせ〜深川人情澪通り」を自らの提案で舞台化し出演する。
  • 2023年11月18日:「朝だ!生です旅サラダ」を欠席する。
  • 2024年1月27日:「朝だ!生です旅サラダ」に復帰。

まとめ

今回は、松田聖子の元夫「神田正輝」について解説しました。「太陽にほえろ」などの大ヒット作品に出演していたこともあり、総資産は5億円以上あると言われています。2024年1月には「朝だ!生です旅サラダ」に復帰したことで関係者からは喜びの声もあがっています。神田正輝の今後の活躍を応援していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次