副業禁止でもFXはできる?!FXで副収入を得る際の注意点を解説

副業禁止でもFXはできる?!FXで副収入を得る際の注意点を解説

最近では投資家のみならず、会社員など一般人も投資しているFX。これから本業の収入に加えて、FXで副収入を獲得して、豊かな暮らしを目指す人もいるかと思います。「副業禁止の企業で働いているけどFXは副業になる?」「FXで副収入を得るときの注意点は?」「FXを副業として始めるメリットを教えて欲しい」といった方に向けて、この記事では

  • FXは副業になる?
  • FXで副収入を得る際の注意点
  • FXを副業として始めるメリット

について解説していきます。この記事を読むことで、FXが副業にあたるのか、またFXで副収入を得る際に気を付けることがわかります。是非、最後まで読んでみてください。

目次

FXは副業になる?

本業とは別にFXで収入を得る場合、副業になるのでしょうか。結論から言うと、副業に該当しないと思われます。多くの企業が副業を禁止している理由として「本業に支障がある」からと言われています。FXは資金運用の1つで、働いて対価を得るわけではありません。本業に影響しないのであれば問題ないでしょう。もし企業にダメと言われた場合は素直に受け入れ諦めたほうが良さそうです。その際、本業に影響がないことが示せれば、許されるかもしれません。

FXで副収入を得る際の注意点

FXで副収入を得る際の注意点を紹介します。

チャートを見すぎない

FXを始めていくと、自分が投資した通貨のチャートが気になってしまい、仕事に集中できない可能性があります。生活を豊かにするために副収入を得ようとしているのに、本業に影響が出てしまっては本末転倒です。本業の企業からも禁止になる恐れがあります。チャートを見すぎないようにするには、1日にチャートを見るのは「朝・昼・夜の3回だけ見る」など自分でルールを決めて資産運用していくことをオススメします。取引ツールによっては、指定の金額になった時に通知してくれる機能があるので、通知がある時だけ対応する方法でも良いでしょう。

確定申告が必要な場合も

FXで得た収入は雑所得として課税されます。会社に勤めながらFXをする時、雑所得の合計金額が20万円を超える場合は確定申告が必要です。FXで損失が出ている際に確定申告は不要になりますが、FX以外で雑所得を獲得している場合は損益通算ができます。例えば、株などで100万円の利益が得られFXの損失が50万円の場合、雑所得はこの2つを損益通算して「100万-50万=50万」に減らすことが可能です。

FXを副業として始めるメリット

FXを副業として始めるメリットについて紹介します。

時間を問わない

FXの取引は、平日および祝日のほぼ24時間取引できます。そのため、仕事前や仕事後に取引可能なので忙しい人でも取り組みやすい投資法となっています。日中が忙しい会社員でも自由度が高くオススメです。

世界情勢に詳しくなる

FXの相場は世界中の経済など情勢によって変動します。そのため自然と世界情勢が為替にどのような影響を与えるか考えるきっかけになります。円安や円高などにも敏感になるため、本業の仕事でもビジネス面で役に立つ場合があります。

少額でも始められる

FXは少ない資金でも始められ、約4000円から取引できます。また、レバレッジを効かせられる取引でもあるので、小額でも大きな金額の取引が出来ます。しかし、レバレッジは少々複雑で、大きなマイナスになる恐れもあるので初心者のうちは通常取引をオススメします。

まとめ

今回は、FXが副業になるのか、また副収入を得る際の注意点や始めるメリットについて紹介しました。FXは、ほぼ24時間取引可能なので、昼間に仕事が忙しい人でも取り組みやすい資産運用方法です。本業での収入に加えて、副収入を得たいと考えている人は、この機会にFXを初めて見てはいかがでしょうか。

副業に興味のある方は、pc-hikakunavi.comでパソコン知識を深めましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる