XMの取引時間|年末年始など祝日やサマータイムも要チェック

XMの取引時間|年末年始など祝日やサマータイムも要チェック
XMの取引時間|年末年始など祝日やサマータイムも要チェック

FX取引はいつでも取引可能で、昼間は仕事をしているサラリーマンでも帰宅後に取引ができると人気があります。

しかし銘柄により取引可能な時間帯が変わってきます。さらに土日はもちろん、年末年始や祝日などは取引する事が出来ません。

そのため正確な取引可能時間を知りたいという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はXM 取引時間について詳しく解説していきます。

目次

XM 取引時間の基本

FXは24時間いつでも取引できると言いますが、それは半分正解で半分不正解です。

例えば日本の為替市場は朝9時〜17時まで取引可能ですが、ロンドンの為替市場は夕方16時〜深夜2時まで取引することができます。

この様に24時間常にどこかの国の為替市場がオープンしているため、いつでもFX取引することができます。

しかし、週末の土曜日と日曜日は全ての国で休日となるため、取引することが出来なくなります。

XM 取引時間は以下の様に決められています。

夏時間 月曜日06:05〜土曜日05:50

冬時間 月曜日07:05〜土曜日06:50

夏時間、冬時間と季節によって取引時間が変わり、夏時間を「サマータイム」と言います。

日本の祝日は取引可能?

週末の土曜日と日曜日は取引が出来ませんが、それでは祝日はどうでしょうか。

実は祝日であっても月曜日〜金曜日であれば取引することは可能です。

これは日本の為替市場が祝日で閉場していたとしても、他の国の為替市場がオープンしているため取引することができます。

ひとつ注意する点としては、取引自体は可能ですが、金融機関や大手企業が取引を停止しているため、為替市場の流動性が低くなってしまいます。

そのためボラティリティが低下し、突然の急騰や急落などのリスクがあります。

サマータイムとは?

FX取引をする上で必ず覚えておきたい「サマータイム」は夏時間と表記される事が多いです。

日が長くなる夏の季節に、時間を有効に使うために時刻を1時間早めるというシステムで、アメリカやヨーロッパなどの多くの国々で取り入れられています。

日本ではこのサマータイム制度はないため、馴染みがないかもしれません。

XMでは「3月最終日曜日の1時〜10月最終日曜日の1時」をサマータイムとしており、この期間はXM 取引時間は夏時間が適応されます。

また、アメリカやヨーロッパなどのサマータイム制度を導入している国の経済指標などの発表時間も1時間ズレてしまうため、うっかり忘れてポジションを保有したまま重要な経済指標を迎えてしまうなどのミスが発生する可能性もあるため気をつけましょう。

クリスマスや年末年始のXM 取引時間

週末の土日は取引が出来ないという事がわかりました。

しかしそれ以外にもクリスマスと年末年始の取引時間にも変更があるため注意が必要です。

毎年、その時期が近づくとXMよりアナウンスがあるので確認しましょう。

元旦である1月1日は、為替市場が閉鎖されます。そしてクリスマスはアメリカやヨーロッパが休場になるので多くのFX業者も時短営業や休業するため取引することが出来なくなります。

参考までに2020年〜2021年のXM 取引時間をご紹介します。(全て日本時間で記載しています)

クリスマス

  • 2020/12/24 翌01:50閉場
  • 2020/12/25 終日閉鎖
  • 2020/12/26 16:05開場

年末年始

  • 2020/12/31 翌01:50閉場
  • 2021/01/01 終日閉鎖
  • 2021/01/02 16:05開場

まとめ

FX取引をする上で取引時間は最初に確認しましょう。

特に夏時間と呼ばれるサマータイムは、冬時間と1時間のズレが生じてしまうため、重要な経済指標などの時間を間違えてしまう可能性があります。

また、クリスマスや年末年始の取引時間も通常とは異なるためアナウンスをしっかりと確認し、ポジションの整理などに役立てて下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる